2012年01月 / 12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2012.01.31 (Tue)

アイスランド旅行記 その1

昨年の年末からお正月にかけて、
アイスランド旅行に行って来ました。
今日はその紹介をしたいと思います。

ねんまつにちょうどイッテQでオーロラについて、
アイスランドをやっていたので、ご覧になった人もいるかもしれませんが、
今回のアイスランド旅行の目的は、オーロラを見に行くことです。

アイスランドは、イギリスの北西、北緯65度にあるほとんど北極圏、という国です。
そんなところに冬に行くとものすごく寒いと思われるかもしれませんが、
実際にはアイスランドはそれほど寒くはなく、気温は0~-2℃くらいです。
これは、西岸海洋性気候に属しているのと、国全体が火山島で、地熱が豊富なのが原因ですが、
実際に行ってみると全然過ごしやすく、むしろ日本のほうが寒いんじゃないかとも思うくらいでした。

また、アイスランドはオーロラ以外にも、非常に興味深い地形や、
街の観光、温泉もあり、ご飯も海産物を中心にとても美味しく、よいところでした。

今回はまず、首都レイキャビクを紹介したいと思います。

DSCN0797.jpg

アイスランドへは、日本からコペンハーゲンを経由していくことができます。
コペンハーゲンまで11時間くらい、そこからアイスランド3時間強くらいかかるので、
トランジットの時間を考えると、ほぼまる1日は移動に費やしてしまいます。

DSCN0809.jpg
レイキャビクで宿泊した、Radison Blu Saga Hotelです。
目の前がアイスランド大学で、なかなかよいところでした。

DSC_0060.jpg
まずは市庁舎です。
壁が凍りついていますが、気温自体はマイナス2℃くらいと、それほど寒くはありません。
写真がくらいですが、これでも朝10時30分くらいです。

DSC_0068_20120131222152.jpg
市庁舎の中で、思いがけず日章旗をみつけました。
去年3月の大震災のあと、アイスランドは気仙沼市に、
ウール製品(セーター等)を送ったそうです。
これは、その御礼に気仙沼市から送られたもののようです。

DSC_0091_20120131222152.jpg
市庁舎の前は湖になっています。
湖面は凍りついており、人が歩いて渡れるくらいのようです。
一部は温泉を流しこんで溶かしており、水鳥が休めるようにしてあります。

DSC_0098.jpg
この建物は、なんとアイスランドの国会議事堂です。
石造りの、なんとも簡素な作りですが、
アイスランドは世界で最も最初の民主主義国家です。
いまでは、世界で最も汚職の少ない国、だそうです。

DSC_0139.jpg
ここは、ヘヴジーハウスといって、
冷戦が集結する際、レーガン大統領とゴルバチョフ大統領が、
会談を行った場所です。

見た目は極めて普通の1軒家というかんじで、とてもそのような重要な
会談が行われていたとは思わないですが、なんともアイスランドらしいところです。

DSC_0107.jpg
ハットルグリムス教会です。アイスランドはプロテスタントの国ですので、
街中には教会が多くありますが、ここはひときわ大きく、立派です。
手前の像は、レイフ・エリクソンという人で、コロンブスより500年も前に
アメリカ大陸を発見していた人です。

DSC_0149.jpg
最後に、レイキャビクの丘の上にある、ペルトランという温水貯蔵施設を利用した建物から、
太陽をとって見ました。ちなみに、これでほぼ正午です。
日中は、これぐらいしか太陽が昇りません。

他にも、色々な見どころがあり、レイキャビク観光だけでもずいぶん楽しむことが出来ました。
次回は、ゴールデンサークル等、アイスランドの自然観光を紹介したいと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 海外旅行記 - ジャンル : 旅行

22:47  |  旅行記  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。