2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.11.18 (Wed)

事業仕分けについての私見

今現在、行政刷新会議の中で事業仕分けが行われていますが、
ご存知のように、科学技術予算が次々と削られています。

報道では、スーパーコンピュータの開発について、
「世界2位ではダメなのか?」などと意味不明なことを言ったり、
「採算性がないから」などと特に純粋科学の分野が大きく削られているようです。

このやりとりを見て、僕はとてもがっかりしました。
純粋基礎科学分野は、確かにこの国に必ずしもすぐに、
あるいはこの先も経済的な利益を生みだすわけではありません。

しかし、宇宙や生命等、この世界について新たな知識を求めていくことは、
日本だけではなく人類すべての財産であり、
この探求心を捨てることは先進国を辞めるということであるとさえ思います。
特に日本は、ほぼすべての分野で純粋に科学的好奇心のみで研究を行うほぼ唯一の国であり、
その役目を放棄することは決してあってはならないことであると思います。
そもそも、経済的な生産性だけを求めるのであれば、
日本のようなコストのかかる国でなく、
それこそ中国等の国に根こそぎ奪われることになるでしょう。

一方で、これまでの科学者のあり方がすべて正しかったといえば決してそうではないと思います。
予算を取るのがほぼ全ての仕事であったり、
論文を書いて出すだけで、世の中に情報を発信することをおろそかにしてきたことなど、
反省する点はあると思います。

現在の世界の状況が未曾有の不況であり、
その中で科学技術にお金を出すことについて議論はあると思います。
しかし、失った技術、人材は簡単には戻ってきません。
取り返しのつかないことだからこそ、事業仕分けで議論をするのであれば、
素人同然の人間がいい加減な基準で決めるのではなく、
十分に意味のある議論をしてほしいと思います。

この件について、「科学政策ニュースクリップ」のオーナーが
緊急メッセージ、未来の科学のために」というメッセージを
民主党、文部科学省に送っており、ここで、ご紹介いたします。
是非、皆様もご一読ください。
スポンサーサイト
23:34  |  その他  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://sicituradastra1.blog84.fc2.com/tb.php/39-df4eb348

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。