2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.08.03 (Mon)

不具合対策(とかいうもの)

最近、僕の働いている部署内で、不具合をなくそうという運動が行われています。
例えば、上司に確認せずに契約を進めてしまったとか、
基板の半田付けをミスったとか、いわゆるヒューマンエラーに起因する不具合が
このところ多かったのですが・・・
先日、その対策のためのミーティングにて、
不具合を起こした本人たちが、謝っていました。

それを見て思いました。
うちの会社はいったい何をやっているんだと。
ただでさえミスを犯してしまって落ち込んでいる社員を、
さらに部署内で晒し上げするようなマネをして何を考えているんだと。

このときに真っ先に思い浮かんだのが、
JR福知山線の脱線事故のことです。
このときはATSの不備やら制限速度やら色々言われていましたが、
その中にいわゆる「日勤教育」について取り上げられていました。
その「体罰」ともいえる習慣によって
社員がミスを隠す体質となってしまい、
それが事故の原因となってしまったんじゃないかという説がありました。

私の会社も、まさにそれと同じことが起こっているのではないか?
このままではまさに以前のJRのような体質になってしまうのではないかと
本気で危機感を感じています。
そもそも、「不具合をなくそう」という考え自体がおかしなことではないでしょうか?
むしろ、「不具合どんどん出そう」というのが正しいのではないでしょうか?
つまり、あらかじめ小さな不具合でもどんどん出していくことで、
その後にある大きな不具合の発生を食い止めるようにしないといけないのではないでしょうか?

もっとも残念なのは
それを気づいているのに何も行動していない自分と、
言ったところで誰も聞かないよねと考えている自分です。
スポンサーサイト
22:50  |  仕事とか  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://sicituradastra1.blog84.fc2.com/tb.php/5-93b224cb

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。